りく、後ろ足がおかしい!ヒョコヒョコ歩いてる?

りっくん♡今日も可愛いね~

なんて言いながら、りくの後をついて歩く私。

いつものようにウロウロしながら二階に行きたいアピールを

するりく。

 

ウロウロする仕方に違和感が…

なにかがおかしいな…

最初はそんな感じでした。

 

また、少しして歩くりっくんをよく見てみると、歩き方がおかしい?

(@_@)りっくん、あんよどうしたの?いたいの?

とすぐに抱きかかえました。

りっくんは、きょとんといつもと同じ顔で、抱っこイヤーとやるだけです。

 

おろして、またウロウロするりくをみながら、トッド君に

「歩き方おかしいよね?左の後ろ足ヒョコヒョコしてるよね?」

と聞くと、

「いや、わからん」

そうなん?じゃあ、気のせいかな?じゃ、大丈夫かな?

と思いつつ、やはりヒョコヒョコしてる感があったので、病院へ!

 

病院で診察中、背骨のあたりを触られて、シャーというりっくん。

先生がごめんねと言いながら、足など触って確認。

「確かに少しおかしいけど、骨に異常はなさそうだし、猫が腰を痛めることなんて

ほとんどないから…薬をしてもいいけど、そこまでする必要もないような…

様子見かな?喧嘩してかまれてたとしても、猫は傷がすぐにふさがってしまうから

わからないんだよ。かわいそうだけど、かまれてて菌が繁殖してくると痛がるだろうから

そうしたらまた連れてきて。」

最後に少し歩かせてみてということで、キャリーまでの少しの距離を歩かせることに。

…りく、慎重派?臆病?うごかない…

動いた( ゚Д゚) 一歩だけでた…また、一歩…それじゃあヒョコヒョコ具合を見てもらえないよ(/ω\)

少し場所に慣れたのか、最後は五歩ほど歩きました。それで、先生も確かに気づくか気づかないか

程度おかしな歩き方してるね、もう少し様子見てということでした。

骨に異常がないとのことで、とりあえず安心して帰宅しました。

 

翌日、仕事休みのトッド君が「りく、1日元気ないよ。大丈夫なん?もう一カ所の病院連れて行ってみたら?」

と言われ、もう一カ所の病院へ。

 

りっくん、キャリーから出てきません(^_^;)

なんども病院連れてこられてるから、何されるかわかってるんでしょうね(;´・ω・)

こちらの先生も「骨に異常はなさそうだけど、左足をギュと触ると確かに痛いしぐさをするから

痛いんだと思います。注射をうって飲み薬を3日出しときます。様子見てください」

と言われ、注射をプスと。

 

翌日は、注射が効いたのか、まったくヒョコヒョコしてませんでした!

薬も3日分のうち、2日は飲ませました。

3日目には気にならなくなっていたので、飲ませませんでした。

痛がるようなら必要かと思いましたが、薬ばかりのませてもどうなのかと思うので。

 

結局、何が原因でヒョコヒョコ歩きになっていたのかわかりませんが、何事もなくて

よかったです!

薬の力も借りなければいけない時もあるでしょうし、安易に薬に頼って薬漬けにしてしまいたくも

ないので、病院にいくタイミングは難しいですね。

りくが、いつから痛がってたのかわかりませんが、もっと日頃からみておかないといけないと

改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください